読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦手な結婚式

結婚式が苦手です。友人の結婚を喜ばしく思う気持ちよりも、予定調和的空間の一部になる精神的苦痛が大きく上回ります。加えて、少なからぬ時間・お金・体力が費やされることも理由の一つです。人前ではなかなか話しづらい話題なので、出口さんが結婚式への出席についてどのように感じていらっしゃるのか、ここでこっそりお聞かせ願えませんか?

スコッチテリアの首輪
32歳 医師 女性

嫌なことはしなくていいんです

「ごめんなさい」と「その日たまたま先約があるので」と、相手に失礼にならないような軽い口実をつけて、出席しないのが一番いいと思います。

なぜかといえば、そういう苦痛を抱えて結婚式に出たところで、あなた自身の精神状態がおかしくなれば、それはあなた自身にとってもロスだし、いくら上手に振る舞っても、周囲の人も「何となく楽しそうじゃないみたいだな」と思って、困りますよね。

だから、世間体などを考えずに、自分が楽しいと思う、心から喜べる、そういう結婚式だけにきちんと出る。おつきあいで呼ばれた場合は、上手に断れば、それでいいと思います。

人間は、嫌なことや、自分が好まないことをやると、自分も傷つきますし、気づかないままに周囲の人にもそれが感染します。どちらにとってもマイナスですから、やりたいことだけをやる、つまり自分の気持ちに正直になることが、何事においても一番大事だと思います。