孤独とどう向き合えばいい?

小さいときから、時々孤独について考えます。

他人と一緒にいると余計に孤独感を感じてしまうのが、最近の悩みです。だからといって、一人でいるのが好きなのかと言われれば、それはそれで寂しさを感じているのです。孤独感でおかしくなりそうなときは、お世話になった人や親しい友達のことを思い出します。しかし、自分の感情は自分一人しか感じることができないんだという変えられない事実は、真の共感なんてないんじゃないかと私に思わせます。

他の人はこの孤独感にどう向き合って生きているのか気になります。出口さんは孤独感についてどう考えていますか?

おまこ
20歳 学生 女性

みんな平等に孤独を抱えています

人間は一人で生まれて一人で死んでいくので、本来人間は孤独なものだと思います。一人で生き一人で死ぬという、この当たり前のファクト(事実)がわかれば、一人であるという孤独感は人間の本性であり、人間が本来持っている本質的な悩みであることから、実は解決策がないということがわかりますよね。

みんなが一人で生まれて一人で死んでいく以上、誰も一緒にはつきあってくれませんから、孤独とつきあうことは人間の宿命だと言っても過言ではありません。そうした事実を踏まえた上で、同じ人生を生きるのであれば、楽しくて面白い友達を見つけようとするのが普通の人生です。

でも、なかなかいい友達が見つけられなかったとしても、いままではたまたまそういう巡り合わせだったのだと思えばいいこと。そんなことにくよくよせずに、これからも仲の良い、あるいは価値観が似ていて一緒にいても疲れない友達を一所懸命探すよう前向きに生きたほうが、人生は楽しいのではないでしょうか。