正社員になったほうがいい?

派遣で働き続ける人をどう思いますか。

私は大学卒業後、いくつかの企業を転々として現在、派遣社員として大手IT企業のバックオフィスで2年間働いています。上司から直接雇用の話をいただいたのですが、正社員になったらまた仕事を辞めてしまいそうで断ってしまいました。

最初の会社は大企業でしたが、パワハラが酷く、社員が失踪することもしばしば。次はフロント企業で、雇用保険すら払ってくれていないことが判明し、辞めました。その次はベンチャー企業で、毎晩終電近くまで週末も無給で働く会社でした。

雇用形態にかかわらず労働環境の良い場所を探して今のところに来ましたが、今の環境が良いと思えるのは派遣社員だからかもしれないですし、正社員になったときまた何か嫌になって辞めてしまったら経験社数が増えてしまうので、それは避けたかったのです。正直、もう正社員で働くのが怖くなってしまいました。ただ、派遣社員のままでいるのも甘えている気がします。いまの時代、派遣として働くことは珍しいことではないですが、先々のことを考えると正社員を目指したほうが良いとも思います。

正規雇用と非正規雇用についての出口さんのお考えを、教えてください。

あやぽん
27歳 派遣社員 女性

ずっと非正規雇用はもったいない

正規雇用と非正規雇用の一番の問題は、社会保険の有無だと思います。

一般論ですが、正規雇用の場合は厚生年金が適用され、老後に手厚い年金が支給されますが、非正規雇用の場合は派遣元によっては国民年金になってしまうこともあり、将来の不安が残るところが一番の問題だと思います。

正規雇用で働いていたところはブラック企業ばっかりだということでしたが、最近は社会をあげてブラック企業はおかしいというムードになっています。 これからもブラックでパワハラの酷い企業は淘汰されていくと思います。そういう当たり前の大きい方向を考えたら、ずっと派遣で働き続けるよりは、まだあなたは27歳と若いのですから、30歳ぐらいまでにブラックでない正社員のポストを探すように、転職サイト等に登録して、勉強してみたらいかがでしょうか。

この若さでずっと非正規雇用というのはもったいないと思います。正規雇用でブラックではない企業はいっぱいあるはずですから、我慢強く探していかれてはいかがでしょうか。