自分の強みは何だろう?

エンジニア出身です。ディレクター、事業責任者などを転々として今は会社組織のかなりの範囲を受け持つマネージャーになりました。

自分のコアバリューが何かと考えると、エンジニア出自なため、そちらに自信を持っているのですが、会社では全く違う能力を求められていると感じます。

今の仕事や求められているものに対して、不満はないです。毎日楽しく働いています。でも、ふとしたタイミングで「自分のコアバリューは何か? それを活かした仕事をできているのか?」と思うことがあります。

仕事の内容が変わっていくのは歓迎すべきことだと思いつつ、「これでいいんだっけ?」とも思う私に、出口さん、アドバイスをください!!

本部長
41歳 会社員 男性

やりたいことを追求して!

サッカーのカズは、50歳を過ぎてもストライカーとして、選手として試合に出ています。

日本では、一般にはマネージャーのほうが、つまりジェネラリストのほうが、プロフェッショナル、スペシャリストよりも上だという間違った考え方が蔓延していますが、世界にはこういう序列はどこにもありません。ジェネラリストとして優れている、スペシャリストとして優れている。それは同等に尊いことで、どちらが上ということは実はないのが、世界の常識です。

あなたは本部長という役割でマネージメントに責任を持っておられるわけですが、本当は自分がエンジニアの仕事をやりたいのであれば、トップと話をして、自分はカズのようにエンジニアをやりたいと申し出たらいいのではないでしょうか。また、本部長としての仕事にやりがいを感じているのであれば、本部長を続ければいいと思います。

いずれにせよ、いいとこ取りはできません。あなたがどちらを本当にやりたいのか、自分の心と向き合ってやりたい方を追求するほうが、人生は楽しいと思います。