激務か、それとも家業を継ぐか?

先日まで建設業系で設計の専門職に就いていましたが、激務で体を壊したことをきっかけに、退職しました。

仕事自体には、やりがいを感じており、続けたい気持ちがあります。そのため少し休んで転職しようと考えていたのですが、この業界の仕事はどこも激務が続くことが多く、再就職が怖いです。幸い実家が自営業で継ぐという選択肢がありますが、専門の大学にも行き、積み上げた道を外れてしまうことにも、なんだか納得がいかない自分がいます。

このように悩んでいるうちにどんどん時間が経ってしまい、転職活動や仕事に対するモチベーションも下がる一方です。こんな状態に焦りを感じつつも、動き出すことができない自分はどうしたらいいのでしょう。

メガネ男子
27歳 フリーター 男性

どちらを選んでも、それほど差がないと思います

あなたは、すごく恵まれていると思います。

なぜかといえば、専門分野の能力があり、専門分野でちゃんと頑張れる専門性を持っている。加えてご実家が自営業で、それを継ぐことも期待されているからです。スキルを持っていてかつ実家を継ぐ可能性を持っている、この両方を持っている人ってそんなにいないと思います。ということは、とても恵まれた環境にあるわけです。

しかし、選択肢の一つである設計の専門職の仕事は好きだけれど、一度体を壊されたということで、この業界の仕事は激務が続くことが多く、体力に自信がないということ。そして、実家を継ぐことを期待されているのであれば実家を継がれるという選択肢も選べるわけですから、どちらを選んだほうが自分の人生がより楽しいだろうかということを考えれば、それでいいのです。でも、それを考えているうちに時間が経ってしまい、動き出せない。

問題自身はシンプルで、Aを選ぶのかBを選ぶのか、ただ決断がつかないというのが、あなたの悩みだと思います。

決断がつかないということは、どちらにもそれほどのメリット、デメリットの差がないわけで、そういう問題を延々と考え続けるということは疲れてしまって、時間が経つばかりです。

そこで例えば、1ヶ月後にどちらかに決めると決めておいて、カレンダーに印をつけておき、その日までに再就職するか実家を継ぐか結論がつかなければ、10円玉を投げて上なら再就職、下なら実家を継ぐ、それでいいと思います。

悩み続けても答えの出ない問題は10円玉に決めてもらうというのは、まぁ100円玉でもいいのですが、昔から人類がやってきた意思決定の方法です。