セミを見つけられるようになりたい

私の息子は、セミのつかみどりに命をかけています。夏は毎日、1日100匹くらいとります。とるのもうまいのですが、見つけるのがとにかく速い。私は目の前の木に止まるセミすら見つけられないのに、息子は車の中から遠くに流れる街路樹を見て「あ、あそこにセミがいる」と言います。きっと彼には、アフリカの狩人の血が流れているのでしょう。

そんな能力はいまさら身につけられませんが、なんとか目の前のセミぐらい見つけて、父の威厳を保ちたいと思います。出口さん流の、セミを見つけるコツを教えてください。

せみおの父
51歳 会社員 男性

たくさん木を見ることに尽きます

これは大変難しい質問ですね。

僕は小さい頃からセミをつかみ取りしていたので、木があると僕の目が勝手にセミがいるかどうかを探すんですよね。あるいは、川で魚を獲っていましたから、今でも橋を渡ると上から川をのぞき込んで、魚を探してしまいます。これもやっぱり、小さいときの本能みたいなものだと思います。

今から父の威厳を保ちたいのであれば、簡単です。ともかく夏に、木があれば反射的によく見る癖をつけることですね。ジーッと木を見つめて、たくさん木を眺めていれば、これは経験の関数ですから、きっとセミもたくさん見つけられるようになると思います。