同じテーマの講演について

出口さんの御本で、月に15回は講演をされると書いておられました。もし同じような講演が重なった場合、講演のたびに何か新しい発見や学ぶことはあるのでしょうか。

ryo
41歳 派遣社員 男性

すべてが「一期一会」です

同じようなテーマの講演であっても、参加される方はみんな違います。年齢や職業などもすべて違うので、まったく同じ講演になることは一度もありません。その意味ではすべてが「一期一会」です。

同じようなテーマで、ある程度似通った話をしていても、聴衆の皆さんの表情や、あるいは目の輝きなどから、よく理解されているのか、ちょっと難しかったかなどは、すぐにわかります。

しかも、僕は一方通行の講演だけではなく、必ず質疑応答の時間を多めに取るようにしていますので、参加された皆さんから思いもよらなかったような質問をいただくこともあり、講演の度に発見や学ぶことがたくさんあります。

いろんな人に会えば、必ず新しい発見や学ぶことがあるということと、まったく同じです。「一期一会」と、井伊直弼は本当にすばらしい言葉を残したんだなあ、と思っています。