惰性で生きているけれど何とかしたい!

10年間正社員として勤めた会社で精神的に限界を感じ、辞めたあと、もう少し環境のいい職場にと考え転職活動をしましたが、年齢や高卒という学歴、「仕事をすること」に対しての嫌気が仇となり、正社員の求人に落とされ続けた結果、時給1,000円もいかないパートの職に就いて、もう5年ほどになります。完全に惰性です。

電卓やPCなど、事務的なスキルは持っているつもりですが、先の転職活動中に面接で訪れた会社の方に鼻で笑われたこともあるので、もう自信が持てません。持っていない資格や大検等も考えましたが、それでもやはり目指す職業もあるわけではないし、何よりお金がかかるので気後れします。

この年齢まで特に目指すものもなく、ただ趣味と食うに困らない程度に生きられればいいとだけ考え、この先求めるスキルも何もない人間でも、まだこの社会は何とかなるようなものでしょうか。

可能なら性に合う、ギリギリでも一人暮らしができるような給与を得られる職に就きたいのですが、正直これからどういった心構えで活動していけばいいか、わかりません。

「このままでは絶対にダメだ」という気持ち以外、何もないのです。厳しい指摘をされると折れる程度の精神力しかありませんが、よろしくお願いします。

伊矢追
35歳 パート 女性

これから何でもできます!

あなたは、自分のことがよくわかっておられるのだと思います。

なぜなら「このままでは絶対にダメだという気持ち以外、何もないのです」とはっきり書いておられるからです。その気持ちさえあれば、まだ35歳とお若く、人生は残り50年以上もあるわけですから、何でもできると思います。

学歴のことを気にされていますが、日本で大学に行く人は50%しかいません。2人に1人は、あなたと同じように高卒なのです。ですから、年齢や高卒といったことを気にする必要はまったくありません。

このままでは絶対にダメだと思うのであれば、あなたがやるべきことは決まっています。幸いにも、電卓やパソコンといった事務的なスキルを持っておられるのですから、まずはあなたに向いている安定した仕事を粘り強く探しましょう。行動に移せば、その中から次の展望が見えてくると思います。

1年かかっても2年かかっても、残りの人生50年と比べればほとんど意味がない期間ですから、「私を落とすところは見る目がないんだ」ぐらいの気持ちで、いい職場をじっくりと粘り強く探し続けてください。

「このままではダメだ」という気持ちさえあれば、僕は何でもできると思います。どうか頑張ってください。