40代、婚活中です

遅ればせながら、いま婚活をしています。

これまで、おつきあいをした男性もいましたが、結婚には結びつかず、仕事も楽しく、ここまで夢中でやってきました。40代になり、ふと気づけば周りも結婚し、ひとりで生きることに不安も感じるようになりました。また、未来を考えたときに、自分の人生において家族を持つ経験もしたいこと、また年老いた両親も安心させてあげたい。それもあり、結婚できたらと思うようになりました。

そこで、婚活でも、お見合いや携帯アプリなど、いろいろとチャレンジし、何人かの男性にお会いしましたが、自分が進みたいと思える方がおらず、半年活動しただけで、疲れてしまいました。

出口さんからご覧になって、結婚に向けて大切なことは何だと思われますか? また、40代で独身の女性に対する風当たりが強いように感じてしまいます。頑張ってきた自分を認めるには、どうしたらよいでしょうか?

コタキナバル
41歳 会社員 女性

婚活も楽しんで

あなたはこれまで仕事が楽しくて夢中でやってこられたわけですから、きっとあなたの人生は充実していたのだと思います。世の中には、仕事が楽しくない、夢中でやれない、という人が大半ですから、その意味で、あなたはすごく恵まれた立派な人生を生きてこられたのだと思います。

結婚に向けて大切なことは何かというと、まず一緒にいて疲れない相手かどうかという点が、一番大きいような気がします。

結婚は、生まれも育ちもまったく違うふたりの他人が一つ屋根の下で暮らすことですから、いくらイケメンで高学歴でカッコよくても、一緒にいて疲れるようなら、長続きはしないと思います。

それを「相性」という日本語で表しているのだと思いますが、「この人は一緒にいても疲れないな」と思えるかどうかが大事で、さらに付け加えれば、一緒にいて面白いと思えるかどうか。「よく笑わせてくれるな」「なんだか楽しいな」と感じることができれば、最高です。とにかく、疲れなくて楽しければ、それで十分だと思います。

世界には35億人以上の男性がいるわけですから、探していけば、いいパートナーがきっと見つかると思います。そんなに焦らずに「一緒にいても疲れなくて面白い人がいないかな、いたらラッキー。いなくても仕事が楽しくて夢中でやれているんだからラッキー」と、それぐらいの気持ちで婚活に臨んだほうが、いい結果が得られるような気がします。